こんにちは。栗野りつ(@kurinoritu)です。


昨日、ちょっとTwitterの整理をしました。

もともとタイムラインはあまり見ていなくて、
リストを使って管理してます。


タイムライン見てると、
欲しい情報も見たくない情報も一緒になってとにかく大量に流れてきて疲れちゃうんですよね。

なので、毎日読みたい人、週に1回読みたい人みたいな感じでリストを作ってるんですね。

週に1回の人は曜日ごとに割り振っていて、
その曜日以外は見ないことにしています。


昨日はこのリストのメンバーを総入れ替えしました。

今まではブロガーさんがすごく多かったのですが、
最近それが逆に自分の首を絞めている気がしたので。


人の意見は参考になるけど、それが足枷になるなら聞くべきじゃないと思う。

インプットばかり求めて、アウトプットを蔑ろにしている自分も嫌だったので、
その辺りを考えてメンバーを選びました。


Twitterってつい受け身になりがちだけど、
それくらい自分で自覚的に取捨選択したほうがいい。

フォローされたからフォローしないととか、
フォローしてるからにはちゃんと読んでおかないととか、
そんなことないんですよ。

自分が読みたいものだけ読む。

今はこの人のツイートはいらないと思ったらミュートしておけばいいんです。

もちろん、この先ももうこの人のツイートは必要ないと感じたらフォロー外していいんです。

それは好きとか嫌いとは関係のないこと。

そんなに難しく考える必要はないんじゃないかな。

自分が快適に過ごせる空間を作りましょう。

オフラインでも、オンラインでも。



■ラジオでも話しています!




こんにちは。栗野りつ(@kurinoritu)です。

あなたはいま結婚したい人がいますか?
本当にその人でいいのか迷ってる?

いまこの瞬間の好きという気持ちと、結婚生活がうまく送れるかどうかはまた別問題な気もしますよね。

結婚について、
私なりの考えをまとめてみました。

結婚して1年と少しが過ぎましたが、
今のところ夫婦仲良く暮らしているので、
少しは参考になるんじゃないかと思います。

ポイントは「決める」、それだけです。

★昨日の記事の続きです。

自分からプロポーズしたにも関わらず、
「私が結婚したいのはこの人じゃなかった」と気づいてしまった私。

その後どうなったのでしょうか?

浮気がこんなに怖いなんて知らなかった


結婚しようと言った矢先、やっぱりこの人じゃないと気づいてしまった私。

その後もしばらくは交際を続けましたが、
結果的にそれから1年もたたず彼とはダメになってしまいました。

私の気持ちが冷めつつあることを彼もわかっていたんですね。

これじゃ婚約破棄だよ、と笑われましたがお別れすることに。

少しでも迷いがあるうちは結婚なんて言うもんじゃないと、心底学んだのでした。

そして、ちょうどその頃、いまの夫と知り合います。



夫と付き合うまで、私は自分で浮気性だと思ってました。

バレなければちょっとくらいいいでしょ、くらいの認識でした。

そんなに頻繁にではないけれど、
「ほんの浮気心で」というのがぴったりな感じで、恋人以外の男性と関係をもつことがありました。

夫と交際を始めてからしばらくたった頃。
なんとなく夫以外の男性といい雰囲気に。

今までだったら、さして迷わず浮気に走るようなシチュエーションでした。

その時のことは今でも鮮烈に覚えています。

恐怖、でした。

何が怖いって、
夫に浮気がバレることが、です。


もしここで浮気してバレたら夫とは別れることになる。
それが恐ろしくて仕方なくなったのです。

浮気ってしちゃいけないことだ、って
初めてわかった瞬間でした。


(つづく)

こんにちは。栗野りつ(@kurinoritu)です。

あなたはいま結婚したい人がいますか?
本当にその人でいいのか迷ってる?

いまこの瞬間の好きという気持ちと、結婚生活がうまく送れるかどうかはまた別問題な気もしますよね。

結婚について、
私なりの考えをまとめてみました。

結婚して1年と少しが過ぎましたが、
今のところ夫婦仲良く暮らしているので、
少しは参考になるんじゃないかと思います。

ポイントは「決める」、それだけです。
夫と出会う前に、4年ほど付き合っていた彼とのエピソードをお話しします。

それなりに仲の良いカップルだったとこ思います。

付き合いも長くなり、結婚も考えていましたがお互いまだ学生だったので、もう少し先かなという関係。

そんなときに私の祖父が倒れました。


祖父が生きているうちにウェディングドレス姿を見せてあげたい。
なんならひ孫の顔も見せてあげたい。

強烈な結婚願望に見舞われた私は、
勢い余って彼にプロポーズしようと決心。

遠距離恋愛中だったので電話でしたが、
めちゃくちゃ緊張してなかなか言い出せず。

結局1時間以上経過したのちに「結婚しよう」と伝えました。


でもね、
言った途端ポロポロポロって涙が出てきたんです。

感動の涙じゃなかった。

後悔の涙だった。


そのときやっと、
あぁ私はこの人と結婚したくないんだって気づいたのでした。


(つづく)

↑このページのトップヘ